facebookinstagram

やっぱりインテリアデザインは楽しい。 2018.03.29

 昨年10月に門前仲町の『YANE』という複合施設兼シェアオフィスに弊社の拠点を移し、もうすぐで半年が経ちます。
 
 アパレルの出店が減少傾向の中、ご多聞に漏れず弊社のクライアント(ブランド)の出店件数も減ったとはいえ、移転と同時に「二人体制」に転換した弊社としては、春に集中する出店攻勢に対応する為かなりの多忙を極め、さらに新ブランドの依頼も重なり、スタッフの資延共々、春のオープンまでただただがむしゃらに仕事に取り組んだ半年間でした。
 
 そんな中でも、自分としては多くの「気づき」を得ることもできた充実した日々でもありました。今まで数名いたスタッフに対して、自分は彼らのディレクション的立場でいると決め、極力彼らに委ねていた作業(例えばスケッチや図面、クライアント/内装監理室/施工会社とのやり取り、工事現場の確認など)を久しぶりに自分で全てこなしている中で、改めて「やっぱり自分はこの仕事が好きだ」という、人に伝えたら「何を今更…」と笑われるような感情を再認識する日々でした。
 
 こんなに楽しい作業の詰まった「インテリアデザイン(店舗デザイン)」という仕事の工程を、物件数が増え、スタッフが増え、彼らに仕事を委ねることで、これほどまでに自分自身の手元からその楽しさを易々と手放してしまっていたのだと気づき、改めて反省すらしつつ、今の段階でそこに気づけたことに感謝もしています。
 
 様々な偶然が重なったからとはいえ、この「楽しさ」が自分の手元に戻ってきた以上、今は手放すつもりもありません。クライアントの出店増に対応すべく会社の規模を拡大せざるを得なかった状況だったとはいえ、それによって自分自身が自由に動きづらい状況だったと知った以上、今こそ純粋に「インテリアデザインができることが嬉しい」と思っていた独立当初の『渇望感』に似た感情とともに、その楽しさをもっと深めていこう、追求していこうと思っています。
 
 あまりにここの『NEWS』に投稿していないことを思い出して、今の自分の素直な気持ちだけでもここに記しておこうと思って書き始めました。なんとも赤裸々な文章に感じられるかもしれませんが、今の自分の本心です。今後はもっと自分の「手」で作業することを増やしていきたいとも思っています。そこについてはまた改めてご報告させて頂きます。引き続きペブルをどうぞ宜しくお願い致します。

EXIT furniture 『WORK』series designed 2017.06.06

20170606_exit_catalog
 
 弊社代表である三橋崇が大学卒業後から独立するまでの2年間在籍し、お世話になった EXIT METAL WORK SUPPLY より家具が発売されました。弊社デザインの家具『WORK』シリーズもここに掲載され、併せて発売されております。テーブルやチェア、ベンチなどの家具をお探しの際は是非こちらのカタログもご覧いただきご検討ください。カタログのご請求、ネットでのご購入は下記よりお願い致します。
http://www.exitmetalworksupply.com

ご自由にどうぞ。 2017.06.01

20170601_リーフレットスタンド
 
 弊社の祐天寺事務所、建物自体は駒沢通り沿いなのですが、2階なのと、入口の階段が建物の裏なので、なかなか分かりづらく、駒沢通り側に看板を出しています。そこに、新たに弊社のリーフレットを入れたスタンドも設置しました。良かったらぜひお気軽に、リーフレットを抜き取って持ち帰ってください。宜しくお願い致します。

PEBBLE mini catalog 2017 2017.05.26

20170526_PEBBLE DM
 
ついに、弊社ペブルのB7サイズのミニカタログが出来ました。
竣工写真だけでなく、フィロソフィーから仕事の進め方、今後開拓したいことなど、ギュギュッとペブルを詰め込みました。良かったら是非もらってください。欲しいと言ってくださる方には無料でお送り致します。送り先を下記のメールアドレスまでご連絡ください。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
info@pebble-design.co.jp

ペブル15周年 2016.12.01

 数日後の12月4日で弊社は15周年を迎えます。
 
 15年、切りのいい数字だったので例年なら一年を振り返るところを随分前まで振り返ったりもしてみましたが、独立当初と比べると、そして数年前と比べても、ここ最近は随分と理想的な仕事環境に向かっているなぁとは感じています。ただしそれは今の状況を維持したいという意味では全くなくて、むしろ満足できていない部分の方がずっと多い中で、それらを変えていきたいという思いがまだあちこちに溢れていることや、それでも自分なりには改善の方向性がしっかり見えていることを良しとした上で、期待値も含めた一時的な感情ではあるのですが(苦笑)。
 
 何はともあれ、今思えば無謀とも言える25歳で独立して一人で始めたこの会社が、15年経った今、スタッフ4人と一緒に様々なクライアントから多くのブランドのお仕事の依頼を頂いていることは純粋に嬉しいですし、有難い限りです。この15年でこの仕事を通して出会えた人たちや築いた時間を考えても、恐ろしく膨大で貴重な日々だったと感じますし、これからもこういった出会いが続くことをこそこの仕事の楽しみにしていきたいと思っています。
 
 5年前の10周年の際にはここに次のようなコメントを残しました。「10年後、自分達や自分達の家族が、誰と比べる訳でもなく自分たち基準で十分幸せで、その頃インテリアデザイナーを目指す若者達にどこよりも「入ってみたい」と思ってもらえるようなインテリアデザイン事務所で有れたらいいなあと思っています。」
 
 その思いは今も全く変わりません。その後、インテリアデザイン事務所という業態からは少し変わりましたが、10周年のときにいたスタッフがほとんど今も入れ替わることなく残っていてくれている状況からは、少しずつですが、その方向に歩みを進められているのではないかと勝手に思っています。
 
 世の中にインテリアデザイナーとして認められたくて独立した自分が、今やインテリアデザイナーという肩書きに違和感すら感じているのも不思議だなあと感じています。これからさらに5年後に一体どういった形の「幸せ」を手に入れられているか(むしろ手に入れられているのか?)、自分たちが何を目指しているのか、ここ5年で大きく変化した自分の環境や価値観を考えても、今の自分には全く想像がつきません。
 
 それでも5年後も、10年後も自分が今と変わらず、もしくは今以上に誰よりもペブルを楽しめていれば良いなあと思っています。こんなペブルを今後も温かく見守っていただけると有難いです。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。