facebookinstagram

our newly designed shops open 2012.02.26

201202261.jpg

弊社デザインのショップが2月に下記の通りオープンします。
3月、4月にオープンする店は改めてご報告致します。
お近くにお越しの際は、是非一度お立ち寄り下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。

INTERNATIONAL RELATION・岡山路面店(2.10 open)
Emsexcite・新宿ミロード(2.17 open)
RETRO GIRL・新宿ミロード(2.17 open)
JEANASIS・新宿ミロード(2.24 renewal open)
JEANASIS・博多アミュプラザ(2.24 open)
JEANASIS・近鉄パッセ(2.25 renewal open)
turno jeana・京都大丸(2.29 open)

Recruit 2012.02.10

弊社サイト内の『Recruit』にも記載させて頂きましたが、現在弊社では以下の職種を募集しております。面接をご希望の方は下記内容をご確認の上、ご応募ください。ご応募お待ちしております。
 
職種  :インテリアデザイン設計アシスタント(正社員)
募集資格:
4年制大学卒、もしくは専門学校卒、実務経験2年以上
Vectorworksを使いこなせる方/施工監理の経験がある方・尚可
Iliustrator、Photoshopを使える方・尚可(使用OS/Macintosh)
給与  :経験・能力を考慮の上、決定
待遇  :社会保険・雇用労災有り、交通費支給
休日  :隔週休2日制(隔土、日・祝日)
研修期間:3ヶ月 (研修期間終了後、社員登用を決定致します。)
応募書類:
応募される方は弊社まで履歴書(写真貼付、メールアドレス記入)職務経歴書、ポートフォリオ(図面含む)などスキルの分かる資料をご郵送下さい。 弊社住所はサイト内『→COMPANY PROFILE』をご参照下さい。
選考方法:
書類審査後、面接に進む方のみメールにてご連絡致します。応募書類の返却は致しません。採用に関するお問い合わせはご遠慮下さい。

happy new year 2012 2012.01.04

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
 
 昨年は東日本大震災により多くの方々が多大な被害を受け、改めて自分たちの仕事や生き方、価値観を考えさせられる日々を送りました。新しいものを作ることや成長することにすら疑問を感じ、一度立ち止まって自分たちの存在意義をも考える一年だったように思います。そんな中、去年12月に10周年を迎えた弊社としての「次の10年、ペブルの20年目までの目標」をここに記しておきたいと思います、自分自身の為にも。
 
 2001年にペブルを設立してからの10年は、会社として、そして三橋 一個人として「社会に適合する為」の試行錯誤の10年でした。スタッフのみんながそんな自分につき合ってくれたことを心から感謝しています。まだ適合できているかどうかは定かではありませんが(苦笑)。さて、これからの10年、まだまだ試行錯誤が続くことはもちろん覚悟の上ですが、思い描くのはもちろん、もう個人的なものではありません。今ペブルにいるみんなと、新たな目標へと向かっていければと思っています。とは言いましても、実は今はっきりとした「目標」をここに提示することは正直できません。強いて言うなら、そこをじっくりスタッフみんなと考えていきたい、そんな思いです。
 
 今自分の中で大きく比重を占めているテーマは自分やスタッフの「働き方」、そしてインテリアデザイン事務所として目指すべき「目標」それ自体です。物販店に特化して来た弊社が今後新たにブランドを獲得して成長を続けていくと言うことは、言い換えれば既存のインテリアデザイン事務所がデザインしているブランドを弊社が奪っていくことに他なりません。それがビジネスなんだと言ってしまえばそれまでなのですが、それじゃなくても国内では右肩上がりの成長が見込めなくなってきているこの物販の世界で、さらにインテリアデザインのシェアを拡げていくこと、それ自体に多少なりとも疑問を抱いてしまっているのは事実です。ただただ「成長」「拡大」と声を大にして言っても、どこか違和感を感じざるを得ないのが本心なのです。
 
 そんな中で、弊社が、そしてスタッフみんなが、どのように働くことが今後もインテリアデザイナーとして、また一人間として理想的なのか、それを日々模索しています。そして、今重要なのは、ただただ「成長」を口にするのではなく、一度立ち止まって、自分たちの目指すべきものがどこにあるか、自分たちの「理想」を改めてはっきりと見定めることなのだと思っています。何が自分たちに重要で、何を守っていきたいか。それをじっくり考えて、話し合って、そうして見えて来た目の前の小さな目標を、立ちはだかる大きな壁を少しずつ崩して、10年かけて新たな価値のあるインテリアデザイン事務所を目指して行ければと思っています。
 
 10年後、自分達や自分達の家族が、誰と比べる訳でもなく自分たち基準で十分幸せで、その頃インテリアデザイナーを目指す若者達にどこよりも「入ってみたい」と思ってもらえるようなインテリアデザイン事務所で有れたらいいなあと思っています。
 
平成二十四年 元旦
有限会社ペブル 代表 三橋 崇

added new shop to portfolio 2011.11.18

ag-1.jpg

弊社デザインのショップ『AG by aquagirl(テラスモール湘南)』をサイト内のポートフォリオにアップしましたのでご報告申し上げます。

space design: pebble co., ltd.
lighting design: 1lux & hiroshi enami (l-grow)
constructor: taisho kougei
photographer: nakasa & partners inc.

弊社のインテリアデザイン 5/5 2011.10.21

pb-research-1.jpg

今回は「ショップリサーチ」について。

ヒアリングの際にお客様から「参考にして欲しい店」と伺ったいくつかのお店が有れば、あくまでも参考例としてですが、まずはそれらの店をできる限り見に行きます。ただし、海外の街並みや店などで到底見に行けないような場合もございますし、特に参考となる店が無く、雰囲気やイメージだけのご要望の場合ももちろん多くございます。そこで、ご希望されている雰囲気を演出しているような店が他にも存在しないかを事前に探しておき、行ける範囲内であればそれらも併せて見に行きます。
 
 インターネットや本、雑誌からだけでなく、実際の店や街で参考例を見つけてじっくり観察することで「なぜ自分たちが演出したい〇〇な雰囲気がそこから感じられるのか?」などを感覚的にも、論理的にも探っていけます。それらはデザインを進めていく上でとても大切なヒントになってきます。そして、それらの参考を生かしつつ、オリジナルな解釈を交えて、よりお客様に相応しいデザインコンセプトをご提案すべくイメージコラージュと合わせてコンセプトメイクを進めていきます。
 
 余談ですが、ショップリサーチは「お客様と一緒に回ること」が最も有効です。そうすることでお互いのイメージをより一層共有し易くなりますし、共通認識が増え、その後の話も大変スムーズになります。ただし、お客様にお時間を頂くことになりますので、どうしても必要なときに限り弊社ではご同行をお願いしております。